読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんてこったの草日和。

ジャングルプランツやオフ会について書き散らすブログ。

それでもお前はイマニティか!?

 最近、人様のアグラオネマ画像を無断転載してアクセスを集め、広告で小遣いを稼いでいるサイトが話題のようで・・・・・・。そのサイト、なんでもコメントへの返答が厚顔無恥らしく、炎上しているそうな。懲りずにryokuさんの「スパイラル」やメイネッケさんの「ねっけにるば」も無断転載のターゲットにされてしまうのでしょうか。嘆かわしいことです。この件は面倒くさそうなのでノータッチで。ただ一つ、マナーとして相手には了解は取りましょうよ。兄貴にはこの管理人と係わってほしくないですね、正直。
 さて、今回は趣向を変えて。僕はアグラオネマの葉の表現や育成方法についてここで書いた記憶がありません。ついこの間、期待の株を溶かしてしまうほど育成が下手で、語れるほどの知識がないと自覚しているからですが、まあ避けてばかりはいられませんね。それではいってみましょうか。

【Aglaonema pictum “Castle”from Padang Campur】
 アグラオネマ界に彗星のごとく現れたチャンプールbパッチ株。正にワイルドの底力を体現した存在と言えるでしょう。この株の名前「キャッスル」は、葉の中央から広がる特徴的な白い模様から「白」→「城」→「キャッスル」となったそうです。その風格ともピッタリ合って素晴らしい名前を付けてもらえましたね。
 キャッスルを生で見たことがありますが、もう本当に目が離せなくなるほど綺麗な表現をしています。霜降りみたいに細かく白が乗っていて、角度を変えると噴水のようでもあり。そう、それは正に霜降りスプラッシュであります。

f:id:raschwell:20141126231943j:plain

 余談ですが、霜降りスプラッシュをリリースした方は、初めて手にしたピクタムが霜降りスプラッシュだったとのこと。育成がうまい方に渡ったからこそ、今の霜降りスプラッシュがあるんですね。それがもし僕だったら溶かして今の霜降りスプラッシュの勇姿は見ることができなかったでしょう。ああ、天の采配に感謝します。

記事途中。