読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんてこったの草日和。

ジャングルプランツやオフ会について書き散らすブログ。

植物とは関係ないユーフォニアムなアニメの話。

 今年一発目の日記を更新しよう。
 この頃は今期のアニメを無視して「響け! ユーフォニアム」というアニメを観ている。飽きることなく何度も観ている。
 このアニメは高校の吹奏楽部を舞台にした成長物語だ。やる気のない吹奏楽部が新入生と新しい顧問を迎えて変わっていく様が、それはもう私の失われた青春の補充に持ってこいなのである。
 このアニメを観た吹奏楽部経験者は、随所にちりばめられた吹奏楽部あるあるに昔を思い出して心をヒリヒリさせるという。かくいう私も幼稚園から現在までぶち抜きでファゴットを吹いているからして、誠に共感の念を禁じ得ないでござるよ。
  ただ一つこのアニメで気になるのは、川島緑輝という登場人物がいるのだが、名前の読みが「サファイア」なのだった。私は川島サファイアと名付けた原作者に 文句を言いたい。なぜエメラルドではないのだと。緑輝ならサファイアよりエメラルドが最適であろう事は字面から明らか。サファイアが緑だ青だと色々な呼び 方があるのは承知だが、ここは川島エメラルドが無難であると主張したい。
 さて、「作画」とか書くとオタクみたいで嫌なのだが、作画のクオリティが良いので安心して観られるのもこのアニメの良いところだ。脇役も丁寧に描かれている。何を隠そう、私が観ていて一番可愛いと思ったのが脇役だった。

f:id:raschwell:20160121000131j:plain

 うーむ、肩に掛かる髪がエレガントだ。この人は喜多村来南という。“くるみ”ではなく“らいな”と読む。そして緑輝はエメラルドと読むのだよ。

 

 このアニメを観てから原作の小説を買って読んでみた。寝ることを忘れて読み切ったね。ちなみに喜多村来南は影も形もなかった。

 とりあえず吹奏楽経験者と青春をどこかに置き忘れた人は観て損はないアニメだ。

 カモンジョイナス

 


Come on, join us!